溶連菌感染症

5月半ばに見られ、最近は少し落ち着いていた溶連菌(溶血性連鎖球菌)感染症が、

この1週間ほど、また少し見かけるようになってきました。

・発熱

・強いのどの痛み

・咳や鼻水は比較的軽度

・ときに嘔吐、ときに発赤

などの症状がありましたら、医療機関受診を考慮してみて下さい。

 

溶連菌は怖いばい菌ではありませんが、少し長めの抗生物質治療が必要です。

どうぞお大事になさって下さいね!